ゲーム買取で初期化は必要?初期化する意味は?

所有するゲームソフトやゲーム機を中古買取に出すときに、「データの方はこちらで初期化します」と言われたことはありませんか?あるいは初期化していないことを理由に買取を断られた経験を持つ人もいるのではないでしょうか。

そこでゲームの買取サービスを利用するときに、データを初期化する必要性やしなかった場合のリスク、さらにその方法を見ていきましょう。


ゲームにデータが残る仕組み

そもそもなぜゲームソフトやハードの初期化が買取時に問題になるかというと、データがそれらの中に残っていることがあるためです。データを保存するためのメディアが多くのゲーム機や、一部のソフトに搭載されているのが原因で、それ自体は利便性や各種サービスの提供のために必要です。

データの中身はゲームそのものの進行データや、ユーザーが様々なサービスを利用するために必要とされる個人情報などです。データが保存されるメディアの種類は、SDカードやメモリーカード、HDDなどですが、これらはゲーム機本体に搭載されており、ソフト側には記録する仕組みがないのが今の多くのゲーム機の特徴です。

例えば「PlayStation 4」は、対応メディアは読み出し専用のBlu-ray DiscやDVDなので、当然ソフト側にはデータは残りません。しかし古いゲーム機のソフトだと、バッテリーバックアップと呼ばれるSRAMメモリ上にデータを記録し、電池で電源を供給するものもあります。

初期化する必要性

冒頭でも触れたように、ゲームのデータを初期化していないと買取を断る店もあります。例えばゲーム買取では大手の1つである「ゲオ」も、初期化されていない商品は買取をしないと利用規約に記載してあります。また同じく大手の「ソフマップ」でも、データを初期化していない場合は、店側の判断で初期化することがあると記載しています。

なぜゲームを買取してもらうときに初期化が必要とされるかは、以下のような理由があるためです。まず第一の理由が、ペアレンタルコントロールが解除できなくなる問題があるからです。

ペアレンタルコントロールとは、子供の情報機器等の利用を、親が制限することです。

子供が登録してあるクレジットカードを用いてゲームを勝手に購入したり、といったことを防ぐために用意されています。しかしこのペアレンタルコントロールが設定されたままだと、中古で購入した次のユーザーまで同様の制限を受けてしまいます。

そこでペアレンタルコントロールを解除するために、初期化が必要とされる訳です。第二の理由は、次のユーザーが不快な思いをしないためです。初期化されていないゲームを手にすれば、販売しているお店の管理体勢の不備を疑う人も出てきます。

またゲーム機本体の各種設定などもそのままになっていると変更の必要に迫られることが多いですから、結局ユーザーに初期化をさせるという負担を強いてしまいます。そして第三の理由が個人情報の流出というリスクです。

昨今はゲーム機からもオンライン会員やダウンロード販売といった様々なネット上のサービスを利用できるため、ゲーム機1台だけでも多くの個人情報が含まれています。それらを流出させないためにも、初期化が推奨されている訳です。

個人情報の流出リスクについては、次でより詳細に見てみましょう。


データを初期化しなかったときのリスク

ゲームのデータを初期化しないで、買取してもらった場合のリスクとしてもっとも気をつけたいのが情報の流出です。ユーザーだけでなく、買い取った業者も初期化をしなかった場合は、そのゲームソフトやハードはそのまま次のユーザーの手に渡る可能性があります。

そのときに以前のオーナーが保存したゲームの進行記録、いわゆるセーブデータを覗き見される恐れが出てきます。単なるゲーム進行上の記録でしたらそこまで問題にならないかもしれません。しかし個人情報が含まれているようだと、セキュリティリスクという問題にまで発展します。

最近のゲーム機はダウンロード販売が当たり前ですが、その利用には個人情報の登録が必要です。初期化されていなければ、氏名や住所といった個人情報が他人の手に渡る可能性もある訳です。これがパスワードやクレジットカードなどの情報となると、金銭的な被害を受けることもあり得ます。

このようにゲームのデータを初期化しないと、他人に知られたくない情報が流出するリスクが出てきます。実際に中古ゲーム機から取得した個人情報を元に、認証トークンを取得して他人になりすましてログインし、サービスを利用するといった事件も起きています。

自分が犯罪の被害者にならないためにも、データを初期化することが大切です。

ゲームを買取してもらう時に知っておきたいポイント!19歳の未成年でも大丈夫?

初期化しないと買取価格は上がる?

結論から言うと、データを初期化してもしなくても買取価格に変動はありません。そもそも先に挙げた「ゲオ」などのお店のように、初期化が買取条件の所も多数あります。しかしこれは一般的な中古買取業者に持ち込んだ場合の話です。

データの中身そのものが価値として認められ、売買されているネットオークションのようなところだと、落札価格が上がるケースもあります。ただかなり特殊な事例といってよく、ほとんどのゲームのデータは価値が認められないため、データを初期化した上で買取してもらうのが一般的です。

初期化の方法

ほとんどのゲーム機は設定という項目から初期化処理ができます。例えば「PlayStation 4」ならば、「初期化」から[PS4を初期化する]に進み、「フル」を選択すれば本体ストレージに置かれているすべてのデータを初期化できます。

「ニンテンドー3DS」もHOMEメニューから「本体設定」のアイコンを押し、「その他設定」から「本体の初期化」を選べば確認画面が出ます。その画面で「初期化開始」のボタンを押すことで、初期化が可能です。気をつけたいのはゲーム本体の設定についての初期化と、各ゲームソフトのデータの初期化はそれぞれ別だということです。

最近のゲーム機には、HDDといったメディアにゲームそのもののプログラムやセーブデータを保存しておけるものもあります。そういったゲーム機は、メディアごとデータを初期化しておかないと、個人情報流出だけでなく著作権法に抵触する恐れもあるので、必ずゲーム本体とゲームソフト両方のデータを初期化しておきましょう。

関連資料>ゲーム売値:買取コレクター